アパレルブランドで販売促進をしていたので、ノベルティはコートフェアや立上がりの時期に必ずノベルティを作成してました、

何社もおつきあいのある業者がありますが、ノベルティもアパレルブランドなのであまり変なものは世の中にだせません、しかし予算がついてまわります、予算内でクオリティの高い物を作るのはけっこう難しいんです。

ブランドらしさをださなければならないので、貰った人が、ノベルティでも、このブランドらしいな!と喜んで貰える物を作らなければならない。

何かテーマが決まったら、1つの業者にいきなり依頼はNG。作る物が決まったら何社も相見積もりとり、同じ物でも一番安く作って貰える業者とミーティングを重ねて進行します。

次にスピード、納期があるので、そこに合わせる事、安く早く、それには、完全オリジナルを作るよりも、ありもので対応することが安く仕上げられ、納期も早いです。

予算がない時はありものをおすすめします。
ありものバリエーションが豊富な会社はやはり大きな会社の方が商材が豊富です。

よく使ったのが(株)トランスさんです、https://www.trans.co.jp/、色んな物をここで作りましたが、お客様から喜ばれたのはハンカチでした。

(株)トランス

ブランドの象徴的な、そのシーズンの洋服と同じ柄をありもののハンカチにのせる。または刺繍、ブランドロゴを入れるなどするので、ブランドの商品の様な価値がでて1枚500円パッケージにブランドロゴを入れるなどして、らしさをもだせました。

それをアパレルブランドの全店分、だいたい各店舗100枚くらいだったかと思います。トートバックやポーチも評判が良く仕上げられました。